2016.01.15

桜花賞まで3カ月。「本命」メジャーエンブレムに敵なしか?

  • text by Sportiva
  • photo by Kyodo News

2016年3歳クラシック
Sportivaオリジナル番付(牝馬編:第2弾)

 年が明けて、3歳クラシックの初戦となる桜花賞(4月10日/阪神・芝1600m)まで、早くも3カ月を切った。

 その行方を占う2歳牝馬の「女王決定戦」阪神ジュベナイルフィリーズ(2015年12月13日/阪神・芝1600m)は、昨年末に行なわれ、1番人気に推されたメジャーエンブレム(父ダイワメジャー)が見事快勝した。この結果を受けて、同馬は2015年JRA賞の『最優秀2歳牝馬』を満場一致で受賞。同時に、今年の3歳牝馬クラシックの最有力候補となった。

阪神JFで圧倒的な強さを見せたメジャーエンブレム(左) そして、今回発表する『Sportivaオリジナル番付()』の3歳牝馬ランキング第2弾でも、そうした状況が色濃く反映され、第1弾から大きく変動した。年明けに開催された3歳重賞の、シンザン記念(1月10日/京都・芝1600m)や、フェアリーS(1月11日/中山・芝1600m)の結果も踏まえての同ランキングは、以下のとおり。
※『Sportivaオリジナル番付』とは、デイリー馬三郎の吉田順一記者、日刊スポーツの木南友輔記者、独特なデータを駆使するパソコン競馬ライターの市丸博司氏、フリーライターの土屋真光氏、Sportiva編集部競馬班の5者それぞれが、今春のクラシックを目指す3歳牝馬の、現時点における実力を分析しランキング付け。さらに、そのランキングの1位を5点、2位を4点、3位を3点、4位を2点、5位を1点として、総合ポイントを集計したもの。