2015.10.30

【競馬】天皇賞・秋、合言葉は「第2のジャスタウェイを探せ!」

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara
  • 村田利之●撮影 photo by Murata Toshiyuki

 11月1日に行なわれるGI天皇賞・秋(東京・芝2000m)。伝統の一戦を占ううえでカギを握るのは、目下3連勝中の逃げ馬、エイシンヒカリ(牡4歳)だろう。

 昨年4月にデビューした同馬は、ここまで9戦8勝。今年に入ってからは、武豊騎手を背にして、すべて”逃げ切り”勝ちを収めて3連勝を飾っている。豪華メンバーがそろった前走のGII毎日王冠(10月11日/東京・芝1800m)でも、マイペースの逃げで後続を完封。今回も、同じ戦法を取ることは間違いないだろう。

 この注目の逃げ馬に対して、天皇賞・秋における「徹底マーク」を宣言した馬がいる。1番人気が予想される、ラブリーデイ(牡5歳)だ。同馬は、6月のGI宝塚記念(6月28日/阪神・芝2200m)を制して初のGIタイトルを獲得すると、同レース以来となった前走のGII京都大賞典(10月12日/京都・芝2400m)も快勝。今年だけで重賞5勝をマークし、天皇賞・秋でも中心的な存在となる。

 そのラブリーデイが、逃げるエイシンヒカリを早めに射程圏にとらえた競馬を仕掛けていくという。とすれば、考えられるのは”前がかり”のレース展開。人気馬たちの、早め、早めの仕掛けによる消耗戦が予想される。

 そこで思い出すのが、2013年の天皇賞・秋である。