2015.08.03

【競馬】コディーノの全妹チェッキーノ。札幌デビューへ視界良好

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara

厳選!2歳馬情報局(2015年版)
第10回:チェッキーノ

 全国10カ所に点在するJRAの競馬場。そのうち、"馬産地"の北海道には、函館競馬場と札幌競馬場のふたつがあり、毎年、夏季に競馬の開催が行なわれている。2015年は、6月20日から7月26日まで函館競馬場で開催され、8月1日から9月6日までは札幌競馬場に舞台を移して行なわれている。

「北海道シリーズ」として親しまれるこの開催は、名馬が数多くデビューしてきた舞台でもある。1994年に牡馬クラシック三冠(皐月賞、日本ダービー、菊花賞)を達成したナリタブライアン(函館/新馬2着)や、2001年の日本ダービー(東京・芝2400m)を制したジャングルポケット(札幌/新馬1着)など、翌年のクラシックで花開いた馬も少なくない。

 そして今年も、将来性豊かな馬たちが数多くスタンバイしている。そのうちの一頭が、チェッキーノ(牝2歳/父キングカメハメハ)だ。

コディーノの全妹のチェッキーノ。兄以上の活躍が期待される。 チェッキーノの母は、2003年のGIII京都牝馬S(京都・芝1600m)を勝ったハッピーパス(牝/父サンデーサイレンス)。同馬は、2001年のGI桜花賞(阪神・芝1600m)で4着に入るなど、牝馬クラシックでも奮闘した。

 ハッピーパスは、引退後に繁殖牝馬入り。これまでに5頭の産駒がデビューしている。その中には、重賞を2勝(札幌2歳S、東京スポーツ杯2歳S)し、2013年の皐月賞(中山・芝2000m)で3着となったコディーノ(牡/父キングカメハメハ)もいる。チェッキーノは、コディーノと父母が同じ「全妹」となる。