2015.05.29

【競馬】ドゥラメンテは、ディープ&オルフェを超える「器」か

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya
  • 村田利之●撮影 photo by Murata Toshiyuki

 3歳世代の頂点を決する日本ダービー(5月31日/東京・芝2400m)。今年、その主役と目されているのは、ドゥラメンテ(牡3歳/父キングカメハメハ)だ。

ダービーで二冠達成が有力視されているドゥラメンテ。 とにかく圧巻だったのは、牡馬クラシック第1弾の皐月賞(4月19日/中山・芝2000m)。ドゥラメンテは4コーナーで大きく外に膨れながらも、驚異的な末脚を繰り出して並み居る強豪を蹴散らしてしまったのだ。当初、今年の3歳牡馬世代は「混戦」と言われていたが、直後にドゥラメンテの「一強」と称されるほど、衝撃的な走りだった。おかげで、ドゥラメンテに対して、今度のダービーはもちろん、凱旋門賞(10月4日/フランス・芝2400m)制覇も期待できる、との声まで上がっている。

 だがそれは、かつて日本競馬の悲願である凱旋門賞制覇に近づいた、三冠馬のディープインパクトやオルフェーヴル()に並ぶ、あるいは超える存在だということ。はたしてドゥラメンテは、本当にそこまでの”器”なのだろうか。
※ディープインパクト=2005年の三冠馬(皐月賞、ダービー、菊花賞)。2006年に凱旋門賞挑戦。3着に入線するも失格。オルフェーヴル=2011年の三冠馬。2012年、2013年の凱旋門賞に参戦し、ともに2着。

 そんな疑問を関係者に問うと、日刊スポーツの木南友輔記者がこんな話をしてくれた。

「皐月賞が終わってしばらくして、GIをいくつも勝っている、ある調教師が『(ドゥラメンテの)あの勝ちっぷりは、ディープインパクトとか、オルフェーヴルとか、そのクラスじゃないか』と、ポロッと漏らしていました」