2015.03.26

【競馬】桜花賞まで17日。「2015年3歳牝馬ランキング」

  • text by Sportiva
  • photo by Nikkan sports

2015年3歳クラシック
Sportivaオリジナル番付(牝馬編:第3弾)

 いよいよ間近に迫ってきたクラシック。その本番を前にして、3月15日には桜花賞(4月12日/阪神・芝1600m)トライアルのフィリーズレビュー(阪神・芝1400m)が、3月21日には桜花賞への最終切符となるフラワーC(中山・芝1800m)が開催された。

 結果は、フィリーズレビューがクイーンズリング(父マンハッタンカフェ)、フラワーCがアルビアーノ(父ハーランスホリデイ)と、それぞれ無敗馬が3連勝を飾った。これによって、ルージュバック(父マンハッタンカフェ)、キャットコイン(父ステイゴールド)と合わせ、3戦3勝馬が4頭。今年の3歳牝馬は、超ハイレベルな世代と言える。

フィリーズレビューを快勝したクイーンズリング。 一方で、昨年末のGI阪神ジュベナイルフィリーズ(以下、阪神JF。12月14日/阪神・芝1600m)の勝ち馬、ショウナンアデラ(父ディープインパクト)が故障して戦線離脱。本番を目前にして、勢力図は一気に変わりそうだ。

 今回は、上記の結果と経過を踏まえて、3歳牝馬クラッシクを占う『Sportivaオリジナル番付()』を発表したい。
※『Sportivaオリジナル番付』とは、日刊スポーツの木南友輔記者、デイリー馬三郎の吉田順一記者、独特なデータを駆使するパソコン競馬ライターの市丸博司氏、フリーライターの土屋真光氏、Sportiva編集部競馬班の5者がそれぞれに、現時点における3歳牝馬・牡馬の実力を分析しランキング付け。さらに、そのランキングの1位を5点、2位を4点、3位を3点、4位を2点、5位を1点として、総合ポイントを集計したもの。