2015.02.19

【競馬】2015年クラシックを占う「3歳馬ランキング」

  • text by Sportiva

2015年3歳クラシック
Sportivaオリジナル番付(第1回)

 2015年春のクラシックが迫ってきた。牝馬戦線は4月12日に桜花賞(阪神・芝1600m)、5月24日にオークス(東京・芝2400m)が、牡馬戦線は4月19日に皐月賞(中山・芝2000m)、5月31日に日本ダービー(東京・芝2400m)が、それぞれ開催される。

 これからは本番へのトライアル戦がいよいよ本格化していくが、ここまでの戦いを振り返ってみても、クラシックに臨む主力候補たちがおぼろげながら見え始めている。そこでSportivaでは、クラシック本番で勝つ可能性の高い、3歳牝馬と3歳牡馬、それぞれの番付(ランキング)を識者の意見をもとに作成してみた。

 今回、番付作成に協力してくれたメンバーは、日刊スポーツの木南友輔記者、デイリー馬三郎の吉田順一記者、独特なデータを駆使する競馬ライターの市丸博司氏、フリーの競馬ライター土屋真光氏。そこにSportiva編集部競馬班も加わって、5者がそれぞれに、現時点における3歳牝馬・牡馬の実力を分析しランキング付け。さらに、そのランキングの1位を5点、2位を4点、3位を3点、4位を2点、5位を1点として、総合ポイントを集計し「オリジナル番付」を作成した。今後も主なトライアル戦終了後に、その時点における番付を発表していく予定だ。

  さて、第1回目の結果だが、牡馬の番付は上記のようになった。