2014.12.29

【競馬】デビューが待ち遠しい、ジェンティルドンナの弟

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara

厳選!2歳馬情報局
第25回:レゲンデ

 12月28日に行なわれたGI有馬記念(中山・芝2500m)で有終の美を飾って、現役生活を退いたジェンティルドンナ(牝5歳)。2012年には、牝馬三冠(桜花賞、オークス、秋華賞)を達成。その後も、2012年、2013年のGIジャパンカップ(東京・芝2400m)を連覇し、国際GIのドバイシーマクラシック(UAE・芝2410m)を制するなど、牡馬の一線級を相手に国内外で輝かしい実績を刻んできた。生涯で獲得したGIタイトルは7つ。間違いなく、競馬史に名を残す「名牝」と言える。

偉大な姉ジェンティルドンナに続く活躍が期待されているレゲンデ。 そのジェンティルドンナの全弟が、デビューを控えた2歳馬の中にいる。栗東トレーニングセンター(滋賀県)の石坂正厩舎に所属する、レゲンデ(牡2歳/父ディープインパクト)だ。

 管理する石坂調教師は、姉ジェンティルドンナも手掛けていたトップトレーナー。厩舎の看板だった「名牝」と同じ血を引く若駒だけに、「レゲンデへの期待も高い」という。関西競馬専門紙のトラックマンが語る。

「石坂調教師からは、『やはりいい馬だ』というコメントが出ていますね。素質馬の持つ独特な雰囲気を感じ取っているようで、大きな期待を持っていると思います。12月10日にゲート試験を受けたのですが、こちらもすんなり合格。その辺りからも『センスの良さを感じる』と評価していました」

 トラックマンが言うとおり、レゲンデはゲート試験を難なくクリア。そのままデビューへ向けてピッチを上げていくかと思われた。が、再び放牧に出されることになった。その理由について、先述のトラックマンが説明する。