2014.10.20

【競馬】トレセンで注目の的。「白毛馬」ユキチャンの妹

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara

厳選!2歳馬情報局
第15回:ブチコ

 その馬の持っている血統構成や、セリ市での落札額など、デビュー前の若駒が話題となる要素はさまざま。今年デビューの2歳馬もいろいろな話題を振りまいているが、その中で”見た目”の話題性に限れば、間違いなくこの馬が一番だろう。サラブレッドとしては珍しい、「白毛」の馬体を持つブチコ(牝2歳/父キングカメハメハ)だ。

見た目だけでなく、走りにも注目が集まっているブチコ。 いくつかの毛色があるサラブレッドの中で、生まれたときから全身が真っ白い白毛馬は極めて希少。白いサラブレッドは競馬場で度々見かけるが、そのほとんどは「芦毛」で、生まれたときは黒く、年齢を重ねるにつれて白くなることが多い。正式な白毛として日本で生まれたサラブレッドは、これまで30頭にも満たないほどだ。

 ブチコの母シラユキヒメ(父サンデーサイレンス)も白毛馬で、現役時代は大きな注目を集めた。戦績は9戦0勝とふるわなかったものの、母となってから7頭の子どもがデビュー。そのうち実に6頭が、母と同じ白毛を受け継いでいる。

 ブチコの白毛ももちろん母から継いだもので、さらに全身に散らばった茶色の斑点も特徴。彼女の印象的な馬名は、その見た目から来ているという。