2014.07.21

【競馬】名牝ダイワスカーレットの「後継者」ついに登場

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara

厳選!2歳馬情報局
第2回:ダイワミランダ

 現役時代にGIを4勝、2008年には牝馬として37年ぶりに有馬記念(中山・芝2500m)を制したダイワスカーレット。その名牝の子が、デビューへ向けて着々と調整を重ねている。関東・国枝栄厩舎所属のダイワミランダ(牝2歳/父ハービンジャー)だ。

ウオッカの宿敵だった名牝ダイワスカーレット。その3番仔がまもなくデビューを迎える。 母ダイワスカーレットは、2006年にデビューし12戦8勝。負けた4戦もすべて2着という安定感抜群の成績を残した。好スタートから常に先行し、直線できっちりと突き放すダイワスカーレットのレースぶりには、隙の見当たらない強さがあった。

 2007年、同じく牝馬として、64年ぶりに日本ダービー(東京・芝2400m)を制したウオッカは同世代のライバル。2頭の名牝による、度重なる激闘を覚えている人も多いだろう。

 そのダイワスカーレットが母として3番目に送り出すダイワミランダ。初仔のダイワレーヌ(牝4歳/父チチカステナンゴ。4戦0勝で引退)、第2仔のダイワレジェンド(牝3歳/父キングカメハメハ。4戦1勝)は、体質的な弱さを抱えていたが、ダイワミランダは6月下旬に入厩。すでにゲート試験もパスし、順調に調整を進めている。

 デビュー前の育成を手掛けた社台ファームの青田力也氏は、ダイワミランダの特徴をこう表現した。

「母と同様に大きな動きが特徴で、グングン前にいく推進力があります。同じ時期の姉たちに比べると、この推進力はより目立っていると思いますよ。身体は丈夫で、性格面もいい子ですね」