【競馬】阪神JF、本命コレクターアイテムの逆転候補はアユサン

 さて、このレースの馬券のカギとなる「ヒモ穴馬」ですが、そのコレクターアイテムに、前走のアルテミスSで際どく迫ったアユサン(牝2歳)を取り上げます。

 彼女はまず、前々走のデビュー戦(東京・芝1400m)が圧巻でした。1400m戦とはいえ、東京競馬場の場合は他の競馬場の1600m戦と同じくらいタフなコース。前述したような「スピード重視」のレースにはならず、この新馬戦でもスローの瞬発力勝負の決着でした。

 そこでアユサンは、先頭から3馬身ほど遅れてスタートし、終始大外を回りながらも、4コーナーでは馬なりで先頭集団に並びかけました。直線半ばで少し仕掛けると、スッと反応して一気に抜け出してしまいました。2着馬とはクラスがふたつくらい違うように見えた競馬でしたね。本来、スローの瞬発力勝負のレースでは出遅れは致命的。それを、あっさり勝ち切ってしまうのですから、かなりの能力がある証拠です。

 こういうレースではよく「メンバーが弱かったのでは……」と疑ってしまうことがありますが、2~4着馬が次のレースで勝ち上がっています。要するに、決して低レベルのメンバーに恵まれたわけではなかったのです。逆にレベルの高い一戦だったと言え、そう考えれば、アルテミスSの好走は必然だったのでしょう。

 アルテミスSも後方から大外へ出し、坂を上がってからの伸びには目を見張るものがありました。惜しくもコレクターアイテムに敗れましたが、それは通ったコースの差が出たと見てもいいのではないでしょうか。阪神JFでの逆転の可能性は、十分にあると思います。

大西直宏も驚いたコレクターアイテム、アユサンの強敵になる
阪神JFの『穴馬JOKER』無料公開!!

3 / 3

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る