2012.04.13

【競馬】皐月賞、ディープ産駒は苦手な、あの『壁』を越えられるか?

  • 新山藍朗●文 text by Niiyama Airo
  • photo by Nikkan sports

きさらぎ賞に続いて皐月賞トライアルの若葉Sも圧勝し、本番でも1番人気が予想されるワールドエース。 春のクラシック第1弾、桜花賞はディープインパクト産駒のワンツーフィニッシュだった。

 断然の一番人気に支持されたディープ産駒のジョワドヴィーヴルが6着に敗れたものの、同じくディープ産駒のジェンティルドンナが勝って、ヴィルシーナが2着。昨年来、「ディープ2年目産駒は走る」と言われ続けてきたが、まさにその評判を裏づける結果となった。

 となると、当然、続く皐月賞でも、ディープ産駒には期待がかかる。なにしろ、現3歳の牡馬のディープ産駒は牝馬以上に粒ぞろいと言われ、実際に昨秋の東スポ杯以来、ここまで5頭もの重賞勝ち馬を出しているのだ。

 そのうち皐月賞には、きさらぎ賞(GⅢ)馬のワールドエースを筆頭格に、東スポ杯(GⅢ)を勝ったディープブリランテ、ラジオNIKKEI杯(GⅢ)を制したアダムスピークと3頭の重賞馬が出走予定。他に、アーデントとベールドインパクトの2頭が控え、合わせて、桜花賞より1頭多い5頭が名を連ねる。顔ぶれからいっても、層の厚さからいっても、桜花賞と同等か、それ以上の活躍が期待できるレベルだ。

 けれども、この5頭の皐月賞組には、桜花賞組にはなかった不安もある。

 皐月賞の、2000mという距離だ。

 今回の桜花賞も含めて、ディープ産駒はこれまでにGIを4勝しているが、それはいずれもマイル戦。2000m以上のGⅠでは、昨年の皐月賞のダノンバラードと菊花賞のトーセンラーの3着が最高で、最も底力が求められるダービーとオークスでは計10頭(ダービーに4頭、オークスに6頭)の産駒を送りこみながら、掲示板に載ったのは、オークス4着のマルセリーナただ1頭というありさまだ。

 もともとディープ産駒には「気のいい」タイプが多いと言われる。「気のいい」とは、素直で前向き。ただその分、競馬っぷりのメリハリに欠ける。こういうタイプは、本質的に距離に限界があるものだ。そうした点と、これまでのGI実績を重ね合わせると、ディープ産駒は2000mを越える距離ではパフォーマンスが落ちるのでは? という疑いが浮かび上がる。