竹田麗央はなぜ、今季大躍進を果たしたのか? 永久シードプロがその秘密に迫る

  • 古屋雅章●取材・構成 text by Furuya Masaaki

 今季ここまで、ツアー3勝、トップ10フィニッシュ10回(6月17日時点。以下同)。メルセデス・ランキングの首位を快走している竹田麗央。初の海外メジャー挑戦となった全米女子オープンでも9位タイという好成績を残した。

 自慢の飛距離を武器にして昨季も注目されていた若手選手のひとりだが、昨季のメルセデス・ランキングは22位。ツアー未勝利だった。そんな彼女が今季、なぜこれほどの大躍進を遂げることができたのか。永久シード保持者の森口祐子プロに話を聞いた――。

 ラウンド中の表情が明るくなった竹田麗央 photo by Getty Images ラウンド中の表情が明るくなった竹田麗央 photo by Getty Imagesこの記事に関連する写真を見る 今季好調の竹田麗央さんですが、昨シーズンと変わった点はまず、よく笑うようになった、明るくなった、と思います。これは、シーズンオフに小祝さくらさんと一緒に練習したことが大きいのではないでしょうか。

 このオフの課題にアプローチを挙げていた竹田さんは、小技が得意な小祝さんと練習をともにこなして、本人曰く「アプローチは死ぬほど練習した」そうです。若い選手にとって、こうして時の実力者とラウンドを含めて長い時間をともに過ごすことは、技術だけでなく、プレーに向かう姿勢や気持ち、日頃の振る舞いなどを間近で見たり、接したりすることができる絶好の機会です。

「癒し系」と言われる小祝さんは、一喜一憂せず、いつもにこやかで飄々としています。そのプレースタイルは、彼女の安定したゴルフの"礎"そのものです。

 昨シーズンは、難しい顔を浮かべてプレーしている印象が強かった竹田さんですが、今季はプレー中の表情が本当に明るくなりました。もちろんそれは、ツアーフル参戦2年目という安心感によるところもあるのでしょうが、小祝さんから受けた影響も少なからずあったと思います。

 事実、最近選手間では「麗央ちゃん、小祝さくらさんに似てきてない?」と密かに囁かれています。もともと竹田さんは、おっとりと飄々としていて、小祝さんに似ているところがありました。そうして、実際に長く行動をともにすることによって、小祝さんのように笑顔で明るくラウンドすることも、自然と多くなったのではないでしょうか。

 そしてそれが、生来の飛距離と相まって、ゴルフの好内容にもつながってきたんじゃないかな、と私は思っています。

1 / 2

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る