2022.06.26

【木村和久連載】ゴルフ『リア充』宣言のススメ。スコアや飛距離の呪縛から逃れよ!

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

木村和久の「新・お気楽ゴルフ」
連載◆第15回

 最近、ゴルフをやっていて「楽しい」と感じるようになりました。スコアは大して上向いていないのに、やる気に満ちていて、充実感がある。これは、今までとはちょっと違う感覚です。

 大袈裟に言えば"ゴルフの醍醐味"がわかった、とでも言いましょうか。飛ばなくなってから、いろいろとやりくりしてプレーするのがとても楽しいのです。スコア的にはたまに100を叩くこともありますが、逆に調子がいいと、80台を出せることもあったりします。

 そうなると、「オレのゴルフ人生、まだまだいけるじゃん」となるんですね。

 従来のゴルフの目標は、「うまくなる」「飛ばす」という2大テーマがメインでした。まさにゴルフはうまさがすべて。そしてそれは、ハンデキャップによって数値化されていました。

 そうした状況にあって、アマチュアゴルフ界はトップアマが君臨し、その下の一般アマチュア界でもシングルさんが羨望の眼差しを向けられていました。言うまでもなく、私も若い時は「いつかはシングル」を目指し、練習やラウンド、競技に明け暮れて、クラブハンデは「12」にまでなりました。

 けれども、一般的なアマチュアはそこら辺が限界です。少し気を抜くと、すぐにハンデが下がって、あっという間にハンデ20ぐらいになってしまいますから。

 そこからは、地味なアマチュアゴルファー生活を送ることに......。以降、「以前より飛ばない」とか「練習不足」だとか、「会員権がまたほしい」「海外でゴルフをしたい」などと、愚痴みたいなことばかり漏らしていました。

 ですが、最近の若者ゴルファーの進出を目の当たりにして、なんかゴルフ場の風景が変わったことに気づいたのです。

 みなさん、さほど上手じゃないのに、楽しそうにゴルフをしているのです。特に若いカップルなんか、リアルに充実している"リア充"そのものに見えます。