2022.07.26

【木村和久連載】長くなりそうな今年の夏。快適なナイターゴルフを楽しんでみては?

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

木村和久の「新・お気楽ゴルフ」
連載◆第16回

 今年の夏は6月に梅雨明けしたことにより、例年以上に長くなりそうです。このコラムが掲載される頃もまだ、夏の前半は終わっていません。そうなると、今夏は定期的にゴルフをやり続けるのはちょっとしんどいかな、と。

 ともあれ、そんな夏の間にもたまには気持ちよくラウンドしたいものです。というわけで、夏名物のナイターゴルフについて考察していきたいと思います。

 まず、ナイターゴルフは涼しいのか? ですが、過去に何度もラウンドしてきた経験者としては、非常にコンフォータブルで"納涼効果"は抜群と言えます。

 何よりナイターゴルフは直射日光を避けられるので、日焼けが苦手な女性にも人気です。しかも、ゴルフ場は樹木と緑地に囲まれているので、実際の気温よりも低く感じます。

 じゃあ、もっと普及してもいいのに、と思うでしょ。そこはまあ、いろいろと問題もあるのです。そこで、ナイターゴルフの注意点などをまとめてみましたので、興味のある方はぜひ参考にしてみてください。

酷暑の夏、たまにはナイターゴルフを楽しんでみてはいかがでしょうか。illustration by Hattori Motonobu酷暑の夏、たまにはナイターゴルフを楽しんでみてはいかがでしょうか。illustration by Hattori Motonobu この記事に関連する写真を見る (1)ナイターゴルフの「ハンデ」
 ナイターゴルフというのは、基本的には日没、早くて夕方あたりから始めて、ラウンド終了が夜の9時くらい。場合によっては、10時くらいになる時もあります。

 プレーヤーはその後、家に帰ることになるわけで、遠隔地でのプレーは体力的&時間的には厳しいもの。それゆえ、関東では都心から比較的近い千葉や神奈川あたりにナイターゴルフの施設が多いのです。