2021.07.26

【木村和久連載】コロナ禍の憂鬱から解放してくれる大谷翔平とゴルフ

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

木村和久の「新・お気楽ゴルフ」
連載◆第4回

「やっぱり、大谷翔平だよなぁ~」......って、いきなりそっちの話ですかい。

 というのも先日、大谷選手の存在のすごさを再認識したからです。

 この前も、MLBオールスターゲームのホームラン競争に出場。2度の延長戦の末、1回戦で負けましたが、大いに話題を振りまいてくれました

 で、その時の記者会見でのこと。元NHKアナウンサーの久保純子さんが、いきなりこう切り出しました。

「今、日本では非常事態宣言が出たり、本当に出口が見えず、苦しい状況にあります」ときたもんだ。

 彼女なりに仕事をこなしたつもりでしょうが、見ている側が「うぇ~い、500フィート越えの6発!」と喜んでいる最中でしたから、「なんで現実に引き戻すんだよ」と思われた視聴者もおられることでしょう。現に、私はそう思いました。

 でもこれって、逆に考えれば、我々はコロナ禍の日常を忘れたいからこそ、大谷選手の活躍を見たいんだ、と。そのことがはっきりわかりました。

連日のように話題を振りまいて、コロナ禍の日常を忘れさせてくれる大谷翔平選手。illustration by Hattori Motonobu連日のように話題を振りまいて、コロナ禍の日常を忘れさせてくれる大谷翔平選手。illustration by Hattori Motonobu この記事に関連する写真を見る  そうなると、東京オリンピックはどうなるのか?

 現在、東京では新型コロナウイルス感染拡大の第5波を迎え、新規感染者数が1000人を越えて、結構追い詰められています。ゆえに、絶えずコロナと抱き合わせでの報道となりますから、まったくもってスカッとしません。

 その結果、オリンピック期間中も、大谷選手たったひとりの活躍のほうが、オリンピック全体のニュースよりも目立ってしまうのではないか。そんなふうに思ってしまいますし、実際にそうなる可能性は十分にあります。