2020.09.30

全米OP2位。「変則スイング」でも
注目を浴びたマシュー・ウルフとは?

  • 武川玲子●文 text by Takekawa Reiko
  • photo by Getty Images

 107年ぶりとなる初出場・初優勝は逃したものの、難攻不落のウイングドフットGCで開催された全米オープン(9月17日~20日/ニューヨーク州)で、最後まで優勝争いを演じたマシュー・ウルフ(21歳/アメリカ)の名は、世界中にとどろいたに違いない。

 トップで迎えた最終日。ブライソン・デシャンボー(27歳/アメリカ)に逆転を許して、惜しくも2位に終わったが、ラウンド後のウルフの表情に落胆の色はなかった。そして、その第一声は「(今大会では)ものすごくたくさんの手応えを得た」と自信に満ちたものだった。

初出場の全米オープンで優勝争いを演じたマシュー・ウルフ 第3ラウンドでは、ティーショットが不安定でフェアウェーを捉えたのは、わずかに2度。それでも、「65」をマークして単独トップに立った。通算5アンダー、2位のデシャンボーに2打差をつけて最終日を迎えた。

 しかしその最終日は、ウルフの流れではなかった。思いどおりのゴルフを展開できず、3番パー3でティーショットを左に大きく曲げて、ボギーが先行。続く4番でデシャンボーがバーディーを決め、あっという間にトップに並ばれた。

 9番パー5では、デシャンボーが11mのイーグルパットを先に決め、ウルフも3mのイーグルパットを入れ返して意地を見せたが、後半最初の10番でボギー。後半もミスのないプレーを続け、付け入る隙を与えないデシャンボーとの差は広がるばかりだった。

 終わってみれば、ウルフは5つスコアを落として通算イーブンパー。片や、デシャンボーは3つスコアを伸ばして通算6アンダーと、6打差をつけられての敗戦となった。