2019.11.25

奇跡呼ぶ渋野日向子。鈴木愛と
追いつ追われつドラマのような「名勝負」

  • 杉山茂樹●取材・文 text by Sugiyama Shigeki
  • photo by Getty Images

 3日目を終了し、トップと3打差までに10人がひしめく大混戦。その中には、賞金女王争いを展開する3人も含まれている。15アンダーで単独トップに立つ森田遥を、賞金ランキング2位の申ジエが1打差で、同1位の鈴木愛と同3位の渋野日向子が2打差で追う――大王製紙エリエールレディス最終日は、申し分ない展開で幕を開けた。

 そうして、この上位陣の序列は、たちまち崩れることになる。最終組の2つ前で回る鈴木と渋野が、両者殴り合うようにして前半からスコアを伸ばし合ったからだ。

 まず先制パンチを繰り出したのは、鈴木。2番パー4で、第2打を1m強につけてバーディーを奪う。すると、すかさず3番パー3では、渋野が反撃。およそ4mのバーディーパットをねじ込んだ。

 5番パー5では、両者ともにバーディー。いずれも、スコアを15アンダーとした。

 6番ホールに移動する途中に設置されたリーダーボードを見れば、鈴木と渋野は早くもトップタイに躍り出たことが判明した。だが、2人はその位置に停滞することなく、一気にトップ集団から抜け出していく。

 7番パー4。鈴木がラフからの技ありショットで、ピン横40cmにつけてOKバーディーを奪えば、渋野も負けじと、約3mのバーディーパットを沈める。後続の2組もスコアを伸ばしてくる可能性は残されていたが、鈴木と渋野が一緒に回るこの組についていると、試合は、この時点で16アンダーで並んだ両者のマッチレースのような展開に映った。

“名勝負”の現場に立ち会っているという実感に襲われた。

 賞金女王争いのみならず、東京五輪の出場権をかけた世界ランキングの争いでもライバル関係にある2人がスコアを伸ばし合う――観戦冥利に尽きるドラマ仕立ての展開に、気がつけば酔いしれていた。

 前半の最後を締めくくったのは、鈴木。9番パー5で、ラフから打った第3打をカップまでわずか70cmに寄せる、足を使いながらの技巧を見せてバーディーを奪う。通算17アンダーとし、単独首位に立った。

 サンデーバックナインに突入するや、今度は渋野が燃えた。10番パー4、11番パー5と連続バーディー。この2ホールで、一気に鈴木を逆転する。その瞬間、渋野はキャディーと目を合わせると、ニンマリ微笑んだ。それまで硬かった表情を初めて崩したのである。