2019.11.24

渋野日向子がビックリ。
自身のショットに「ボールがないーって」

  • 杉山茂樹●取材・文 text by Sugiyama Shigeki
  • photo by Getty Images

 大王製紙エリエールレディス3日目は、前日とは一転、快晴微風の好コンディションに恵まれた。おかげで、各選手がスコアを伸ばし合う白熱の展開になった。

 前半、ひと際目を引いたのが、7アンダー、9位タイでスタートした勝みなみ。1番(パー4)、3番(パー3)、4番(パー4)のバーディーに続いて、5番パー5ではイーグルを奪った。通算12アンダーまでスコアを伸ばし、その時点でトップに立つことになった。

 ショットは、初日、2日目も冴えわたっていた勝。一緒の組でプレーした”同級生”渋野日向子を上回る好調さだった。この日、予選ラウンドの2日間で、もうひとつ決まらなかったパットが抜群で、3日間同じ組で回ることになった渋野を、結果的にけん引する役割も果たすことになった。

トップと2打差の7位タイで最終日に挑む渋野日向子 勝がイーグルを奪った5番で、渋野はこの日初バーディーを奪った。続く6番(パー4)でも、残り153ヤードの第2打を、6番アイアンで2mにつけた。このホールを先に通過していった数組の中では、一番近い距離のバーディーチャンスとなった。

 まさにショットのよさを見せつけた渋野だが、バーディーパットをことごとく外した前日のことを思うと、やや不安な距離だった。しかし、この日の渋野は違った。そのバーディーパットを難なく決めて、通算9アンダーとした。

「(勝)みなみちゃんが最初から飛ばして、(もう1人の同伴プレーヤーである一ノ瀬)優希さんも、バーディーを量産してくれたおかげで、リズムよく回ることができました」とは、ホールアウト後の渋野の弁だ。

 8番パー3では、ティーショットを再び6番アイアンで、ピンから2、3mの距離につけてバーディー。通算10アンダーに伸ばす。パットが入らなかった2日目より、ショットがピンに絡んでいる分、余計にパットが決まっている感じだった。

 10番(パー4)では、52度のウェッジで打った残り95ヤードの第2打を、ピン2mに寄せて11アンダー。次の11番ホール(パー5)のティーショットで、OBを打った勝とスコアで並んだ。