2019.11.22

渋野日向子がダボに「プチーン」も
好発進。面目躍如のパットが冴える

  • 杉山茂樹●取材・文 text by Sugiyama Shigeki
  • photo by Getty Images

 四国・松山を舞台に行なわれる4日間トーナメント、大王製紙エリエールレディス(11月21日~24日/愛媛県)。初日は寒波の来襲で、激しい冷え込みに見舞われた。上空は雲ひとつない青空が広がっていたが、空気は冷たく乾き切っていて、遠目で見ていても、ショットの打音やカップインの音まで、クリアな響きが伝わってくるのだった。

 15番(パー4)では、フェアウェーを楽しそうに歩く3人組の女子トークが、コースロープの外まで聞こえてきた。インの10番から8時30分にスタートした、小祝さくら、勝みなみ、渋野日向子のパーティーだ。1998年度生まれの同い年、いわゆる「黄金世代」の出世頭たちである。

「同級生(とのプレー)は刺激になりますね。(勝)みなみちゃんが(パットの)長いのを決めたり、(小祝)さくらちゃんも長いのを決めたりしていたんで、『次は私が入れる番かな』と思ったりしながらプレーしていました。ライバル意識? 私はないです。いい感じの関係です」とは、ラウンド後の渋野の言葉である。

 現在の賞金ランキングは、小祝が7位、勝が11位、渋野が3位。この試合を含めて、今季は残り2試合。渋野にはまだ、賞金女王の可能性が潰えたわけではない。その1組前でプレーする、賞金ランキング1位の鈴木愛との差は、2400万円余りだ。

「賞金女王のことは、まったく考えていません。平常心で戦っています」と渋野は語るが、優勝賞金1800万円をかけて争われるこの一戦を制すれば、話は変わってくるだろう。優勝賞金3000万円のLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ(11月28日~12月1日/宮崎県)が最後に控えていることを考えれば、なおさらだ。

「黄金世代」の3人が15番ホールのフェアウェーを歩く先のグリーン上で、カップにボールが収まる乾いた音が響き渡った。鈴木が、この日ふたつの目のバーディーパットを決めた快音だった。そこで、スコアを渋野と同じ1アンダーとした。

 鈴木は、隣県の徳島県出身。ギャラリーを、渋野の組と同じくらい引き連れている。その声援に後押しされ、鈴木はその次の16番でもバーディーを奪う。