2019.10.31

【木村和久連載】ゴルフの不思議。
歳をとると服装マナーが妙に馴染む

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第228回

 昔、ラウンド時の服装で「カジュアル化」の提案みたいなのがありました。別にTシャツでゴルフをやってもいいんじゃないか、と。

 軽井沢ゴルフ倶楽部の理事長、白洲次郎氏は、日本で初めてジーンズを穿いた人として有名ですが、その勢いなのか、Tシャツでのプライベートラウンドを当時は認めていたとか。これは、あくまでも都市伝説ですが、軽井沢ゴルフ倶楽部は完全プライベートな、エクスクルーシブな空間だったので、結構あり得た話かもしれません。

 じゃあ、現在「好きな服装でゴルフをしてよろしい」となったら、みんなTシャツでゴルフをするでしょうか?

 答えは「ノー」だと思います。

 個人的な見解でも、夏の酷暑時期に、一度試しにTシャツで打つ程度で、「やっぱりポロシャツがいい」とすぐに戻るんじゃないでしょうか。

 服装が自由なのに、なんでポロシャツを着たがるのか? それは、ポロシャツがしっくりくるからです。

 また、いくら「服装フリー」と言っても、ひとりだけTシャツだったら、相当な視線を浴びることになるでしょう。知らない人から質問を受けるかもしれません。結局、そういうプレッシャーを受けて、プレーが疎かになってしまうのはどうなのか……。素直にラウンドを楽しみたいなら、ポロシャツが一番です。

 あと、ユニフォームを着たい願望が人間にはあります。アマチュアゴルファーとしては、たとえ100を叩いても、ポロシャツという”ユニフォーム”を着れば、選手としてプレーした誇りが残ります。

 じゃあ、ユニフォームと練習ウエアの違いは何か? 

 それは、襟です。

 ゴルフの練習場では、どちらかというと、ポロシャツより、Tシャツでボールを打っている人のほうが多いですよね。プロ野球選手なども、ランニングやキャッチボールなどの基礎練習では、Tシャツでやっている選手をよく見かけます。

 練習はルーズなTシャツを着て、ルーズな雰囲気でやるほうが、体の動きもスムーズになります。

 ですが、正式なラウンドや競技、試合となると、話は別です。「襟を正す」という言葉があるように、襟があると、身が引き締まる効果があります。しかも、制服の名残(なごり)的なイメージも。