2019.10.26

渋野日向子が「らしさ」を見せて急浮上。
入念な「復習」でより高みへ

  • 杉山茂樹●取材・文 text by Sugiyama Shigeki
  • photo by Getty Images

 パー4の13番。渋野日向子が打ったセカンドショットはグリーンオンしたものの、同組の2人、勝みなみと稲見萌寧より、ピンまで遠い位置だった。最初にファーストパットを打つのが、自分であるという事実を確認するや、渋野は小走りでグリーンに向かった。日没が迫っていたからだ。

 残りホールをできるだけ多く消化させたい――との気持ちが背景にあったことは、言うまでもないだろう。

2日目、15ホールを終えて5つスコアを伸ばした渋野日向子 賞金総額2億円。優勝賞金3600万円をかけて争われる秋のビッグトーナメント、NOBUTA GROUP マスターズGCレディース(マスターズGC/兵庫県)。その2日目は、雨天のために最初の3組(アウト、インスタート合わせて計6組)がスタートしたところで、およそ2時間半中断。アウトスタートの後ろから3組目を回る渋野の組は、小雨が残るなか、12時45分にスタートした。

 初日を終えて1オーバー、49位タイの渋野は、出だしの1番(パー5)でいきなりハプニングに遭遇する。ドライバーで打ったティーショットがやや左へ。コースロープ外にいたギャラリーに直撃した。

「ちょっとフックしたんですけど、当たりはまずまずで、まさかギャラリーの方に当たるとは思っていませんでした……」(渋野)

 ところが、待ち受けていたのは、「どうやったら、人に当たったボールがフェアウェーに出てくるのか……」と、渋野も吃驚(きっきょう)のラッキーだった。

 そうして、フェアウェーから放ったセカンドをうまく刻んで、絶妙なサードショットはきっちりとピンに絡んだ。結果はバーディーと、好発進となった。

 以降、渋野はパーを続けたが、9番パー4でこの日ふたつの目のバーディーを奪取。前半を終えたところで、通算1アンダー、23位タイまで上昇した。

 首位を行くのは、同伴競技者で渋野のひと学年下の、稲見。前半を終え、通算8アンダーまで伸ばしていた。もうひとりの同伴者で、渋野と同学年の勝も、この時点でスコアを3つ伸ばして、通算3アンダーとしていた。