2019.09.01

「シブコ効果」――ライバルたちが語る、
渋野日向子から受けた影響

  • 古屋雅章●取材・文 text by Furuya Masaaki
  • photo by Masuda Yuichi

 渋野日向子(20歳)が全英女子オープン制覇を果たしてから、はや1カ月。その興奮はいまだ収まることなく、”渋野フィーバー”は一段と高まる一方である。

多くのファンが見つめるなか、プレーする渋野日向子 その現状と渋野の快挙を受けて、同僚であり、ライバルでもある他の女子プロたちはどんな影響を受けたのだろうか。

 また、台頭著しい渋野ら「黄金世代」の活躍は、女子ツアーにどんな効果をもたらしているか。何人かの選手に話を聞いてみた――。

「黄金世代」の中でも、渋野ととくに仲がいい大里桃子(21歳)は、渋野の活躍に刺激を受けつつも、自らの立ち位置については冷静に語った。

「渋野の活躍を見ると、『自分もがんばろう!』という気持ちになりますけど、『早く追いつかなきゃ』みたいな、気持ちが逸ることはありません。”黄金世代”同士での高めあい効果とか言われていますけど、それで『自分もやらなきゃ』とか、焦ってしまうのはよくないと思うので。

 もちろん(黄金世代の)みんなががんばっている姿を見ると刺激になります。みんな仲がいいから、お互いに高めあってはいると思います。でも、あくまでも、渋野は渋野であって、私は私なので、自分のペースでやっていけたらいいかなと思っています」

 同じ「黄金世代」の高橋彩華(21歳)は、2016年の日本女子アマチュア選手権の覇者で、アマチュア時代は同世代でトップクラスの存在だった。しかしプロになって、当時無名だった渋野が躍進。今や、立場は逆転している。そうした現状をどう思っているのだろうか。

「『自分もがんばらなきゃな』という感じにはなりますよね。アマ時代とは立場が逆転? そうですね、私もアマチュアの時みたいな(思い切りのいい)パターが打てるようになればいいですけど……。ただ、アマとプロでは違うので。賞金とか、予選通過とか、いろいろと懸かっていて、そこが難しいところですね。

(全英女子オープンの優勝を決めた)渋野選手のような”壁ドン”パットですか? (今の)私では、無理です。不安なことが少しでもあると打てなくて……。調子がいいときは、強く打てていたほうなので、そういう状態だったら、打てるかもしれないですけど。