2019.07.07

黄金世代が今季女子ツアーを席巻中。
世間を騒がす11人が飛躍を誓う

  • 古屋雅章●取材・構成 text by Furuya Masaaki
  • photo by Masuda Yuichi,Getty Images

渋野日向子(20歳)
しぶの・ひなこ/1998年11月15日生まれ。岡山県出身。
今季出場15試合。賞金ランキング3位(5271万8570円)。
トップ10入り6回。優勝1回。ツアー通算1勝。
※7月6日現在。以下同

 シーズン前は、コーチとも「予選通過できるかできないか、というところで精一杯戦っていこう」という話をしていたんです。それが(5月のワールドレディスチャンピオンシップ・サロンパスカップで)優勝できて、何だろう……すべてが予想外なんですよね。

 まず(開幕2戦目の)ヨコハマタイヤ・PRGRレディスに出られたこと自体が予想外だったし、その試合でトップ10(6位タイ)に入れたことも予想外。その後、フジサンケイレディスクラシックで2位タイに入ったこともそうだし、もちろんワールドレディスで優勝できたことも……。練習ラウンドでは、「私、80を切れる気がしない」とコーチと話をしていたくらいですから(笑)。

(好成績の理由は)なんでかな?って考えたら、パッティングの数値がワールドレディス辺りまで上位1位、2位ぐらいだったので、パッティングなのかなと思います。でも、そのパッティングも(これまでと)何かを変えたわけではなく、練習法も昨年からやっていたことを続けているので、(なぜよくなったのかは)わからないんですよね。

 優勝する前と今とは、「ちょっと違うかな」と思う部分はありますね、自分の中で。なんだろう……、優勝して注目される存在になってから、”自分の結果を気にする”ようになったかなと思います。

 取材していただけることはありがたいと思っていますし、決してマイナスにはなっていませんけど、(そうやって注目されることで)今の自分の技術に対して、もっと高いレベルのものを求めてしまって、(気持ちと実力が)かみ合っていないなと思うところはあります。

 これからの目標は、優勝賞金を除いたうえで、賞金シードを獲れるだけの成績を収めること。あと、メジャー大会で結果を出せるようにがんばりたいです。