2019.01.24

【木村和久連載】チェ・ホソンの活躍で
激震。レッスン業界はどうなる?

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第189回

 昨年のゴルフ界のニュースで一番激しく心を揺さぶられたのは、韓国のチェ・ホソン選手(45歳)が日本男子ツアーのカシオワールドオープン(2018年11月)で優勝したことです。

 チェ・ホソン選手の何が凄いか?

 それは、独自の左回転スイングをやってのけるからです。

 ドライバーでボールをかっ飛ばすとき、彼は極端なクローズドスタンス、簡単に言えば、右を向いて構えます。そこから、ドローというよりは強いフック系のボールでナイスショットを放ちます。

 その勢いで、なんとフィニッシュのときには右足が地面から離れ、左足1本で立っている体が左に回転。ひどいと90度以上回って、フィニッシュの際にはフェアウェーに背中を向けています。その従来の常識では考えられないスイングに、世界中が唖然としました。

 最初は「ちょっと変なプロゴルファー」といった扱いでしたが、今では愛嬌のあるキャラクターも受けて、日本では「ゴルフ界の虎さん」(※名前の漢字表記『崔虎星』から引用)と呼ばれるようになりました。

 そして、優勝後のゴルフ雑誌ではついに表紙に登場。しかも、使用された写真が、あの変則スイングのままの、そっくり返ったフィニッシュのものでした。

 これは、画期的なことです。チェ・ホソン選手の変則スイングがゴルフ界で正式に認められた、ということですから。

 そんなわけで、今回はチェ・ホソン選手の”変則スイング”の登場によって起こった現象や、ゴルフ界に与えた影響などに迫ってみたいと思います。

(1)変則スイングのルーツ
 チェ・ホソン選手の変則スイングはどうして生まれたのか?