2018.08.22

歴史的なカムバック。タイガー・ウッズの
「伝説」はまだ終わらない

  • text by Reiko Takekawa/PGA TOUR JAPAN
  • photo by PGA TOUR

WEEKLY TOUR REPORT
米ツアー・トピックス

 1230万人――これは、今季のメジャー最終戦、全米プロゴルフ選手権(8月9日~12日/ミズーリ州)の勝利が決まる瞬間、全米でテレビ観戦をしていた人の数だ。

 最終日、メジャー15勝目を狙うタイガー・ウッズ(アメリカ)が、首位のブルックス・ケプカ(アメリカ)を猛追。一時、1打差まで迫る白熱した展開を繰り広げた。

 結局、ウッズは2打及ばず、通算14アンダー、単独2位に終わったが、自身のメジャー最終日のベストスコアとなる「64」をマーク。その奮闘ぶりと、メジャー大会におけるウッズの完全復活をひと目見ようと、多くの人々がテレビのチャンネルを合わせて、その画面に釘づけとなったのだ。

全米プロ選手権で多くのファンを沸かせたタイガー・ウッズ この日、テレビ放映の全米における平均視聴率は6.1%。ジャスティン・トーマス(アメリカ)が勝った昨年よりも73%アップし、平均して830万人がウッズの活躍を見続けていたことになる。

 また、開催コースのミズーリ州セントルイスのベルリーブCCにも、連日大ギャラリーが詰めかけた。その数は、1日3万5000人~4万人。コースは身動きが取れないほどの人であふれかえって、かなりの熱気に包まれていた。