2018.03.26

元世界1位マキロイを完全復活させた
「パットの名手」の3時間レッスン

  • text by Reiko Takekawa/PGA TOUR JAPAN
  • photo by PGA TOUR

WEEKLY TOUR REPORT
米ツアー・トピックス

 PGAツアーは今、”復活”がトレンドかもしれない。

 WGC メキシコ選手権で47歳のフィル・ミケルソン(アメリカ)が4年7カ月ぶりに勝利を飾ると、続くバルスパー選手権ではポール・ケーシー(アメリカ)が、タイガー・ウッズ(アメリカ)とパトリック・リード(アメリカ)を1打差で退けて、2009年以来、実に9年ぶりの優勝となるツアー2勝目を挙げた。

 そして、先のアーノルド・パーマー招待(3月15日~18日/フロリダ州)では、最終日に「64」と爆発したロリー・マキロイ(北アイルランド)が逆転優勝。元世界ランキング1位が、2016年9月のツアー選手権以来、およそ1年半ぶりの美酒に酔いしれた。

アーノルド・パーマー招待でおよそ1年半ぶりの勝利を飾ったロリー・マキロイ マキロイは試合後、在りし日のパーマー氏を偲(しの)んでこう語った。

「僕が最後に勝った日は、アーノルド(・パーマー)が他界した、その日だった。そして、次の勝利がこのパーマー招待なんて、少し(運命の)悪戯(いたずら)めいたものを感じてしまうけど……。できれば(最終日の)18番グリーンでアーノルドが待っていてくれたら、どんなによかっただろう。

(パーマーとは)2年前、この大会で一緒にランチをして、たくさんの話をした。この大会に出てよかった。きっと、アーノルドもこの勝利を喜んでくれているに違いない」