2018.03.18

タイガー・ウッズの豪邸に「秘密基地」が。
親友が明かす、復調の理由

  • text by Reiko Takekawa/PGA TOUR JAPAN
  • photo by PGA TOUR

WEEKLY TOUR REPORT
米ツアー・トピックス

 まさに”タイガーまつり”である。PGAツアーは、久しぶりにタイガー・ウッズ(42歳/アメリカ)の話題で一色となった。

 ツアー復帰4戦目のバルスパー選手権(3月8日~11日/フロリダ州)。優勝したポール・ケーシー(アメリカ)にわずか1打及ばなかったものの、最終18番まで勝利の可能性を残すプレーに、多くのファンが熱狂した。

 ウッズの出場で同大会の入場者数は、過去最多を記録。大会本部からは、「昨年までと比べて、毎日1万人くらい多い人が会場に訪れ、トータルでも昨年の11万2000人を大きく上回る15万人が来場したと試算している」と発表された。

 そんな大ギャラリーの中、ウッズは実に鮮やかな復調ぶりを見せた。

 ティーショットでは2番アイアンを多用した結果、4日間の平均飛距離は296.2ヤードで37位にとどまったものの、フェアウェーキープ率は59.6%で16位、パーオン率は66.7%で8位。ショットの精度が回復していることは、数字でも明確に表れていた。

 加えて、特筆すべきは大会3日目の土曜日、14番パー5でウッズがドライバーを使用したティーショット。その際のヘッドスピードが、なんと129.2マイル(秒速57.75m)を記録したのだ。

 PGAツアーが今季計測した中では、ケビン・ツウェイ(アメリカ)の129.02マイルが最高だった。つまり、ウッズはそれを抜いて今季最も速い数値をマークしたわけだ。これには、ツアー全体から驚きの声が上がった。

 ちなみに、そのドライバーショットは見事にフェアウェーをとらえた。