2018.03.12

ミケルソンら「オヤジ勢」が復調。
マスターズで松山、トーマスと激突

  • text by Reiko Takekawa/PGA TOUR JAPAN
  • photo by PGA TOUR

WEEKLY TOUR REPORT
米ツアー・トピックス

 2月25日、松山英樹が誕生日を迎えた。26歳になった。

 ここ数年は、アメリカPGAツアー転戦中に、仲間たちとバースデーを祝うのが恒例だった。昨年はメディアの囲み取材でも「年を取っちゃいました。もうアラサーです」と言って、おどけていた。

 しかし今年は、左手の親指付け根付近の痛みから、2月頭のウェイストマネジメント・フェニックスオープンを途中棄権。以降、戦列を離れて、日本に一時帰国して療養中の身にあった。どんなバースデーを過ごしたのか、気になるところだ。

 その松山が、3月15日に開幕するアーノルド・パーマー招待(3月15日~18日/フロリダ州)でいよいよ復帰する見通しとなった。

 今季のメジャー初戦となるマスターズ(4月5日~8日/ジョージア州)まで、すでに1カ月を切り、その動向が心配されていただけに、今回の復帰は朗報となる。多くのファンも、ホッと胸をなで下ろしていることだろう。

 さて、その松山が欠場している最中、47歳8カ月という大ベテランのフィル・ミケルソン(アメリカ)が、世界選手権シリーズ(WGC)のメキシコ選手権(3月1日~4日/メキシコ)でツアー通算43勝目を挙げた。2013年の全英オープン以来、5シーズンぶりの美酒だった。

5シーズンぶりの勝利を飾ったフィル・ミケルソン ミケルソンが語る。

「勝てなかった4年以上の日々は、本当にタフな時間だった。自分では世界のトップレベルで戦えるプレーをしているつもりなのに、結果がついてこない。本当にフラストレーションがたまる毎日だった。もう勝てないかもしれない、と思うこともしばしばあった。だけど、僕は楽観主義なんだ。必ず勝てると信じていた」