2018.02.26

号泣したバッバ・ワトソン。
苦難を越えて復活、マスターズのV候補へ

  • text by Reiko Takekawa/PGA TOUR JAPAN
  • photo by PGA TOUR

WEEKLY TOUR REPORT
米ツアー・トピックス

 2位に2打差をつけて迎えた最終18番ホール(パー4)。バッバ・ワトソン(アメリカ)は最後に2mのパーパットを難なく沈めて、ジェネシスオープン(2月15日~18日/カリフォルニア州)の優勝を決めた。

 2014年、2016年大会(当時はノーザントラストオープン)に続いて、リビエラCCでの勝利は通算3度目。偉大なるプレーヤー、ベン・ホーガン、アーノルド・パーマーの記録に並んだ(※最多は通算4勝のマクドナルド・スミスとロイド・マングラム)。

 その瞬間、高々と両腕を上げたワトソンだったが、直後にはみるみると涙があふれて、キャディーの胸に顔をうずめた。

2年ぶりにツアー優勝を飾って涙するバッバ・ワトソン ツアー通算10勝目は、ワトソンにとって2年ぶりの復活優勝だった。ちょうど2年前、この大会を制したあとから、ワトソンは勝利から見放されていった。未勝利に終わった昨季は22試合中7試合で予選落ちを喫するなど低迷し、人知れず苦しい日々を過ごしてきたのだ。

「この2年間のことを思うと、(涙が)堪(こら)え切れなかったんだ」

 もとより感情の起伏が激しいワトソンではあるが、その大きな肩を揺すって号泣する姿に、18番グリーンを取り囲んだファンから大きな喝采が送られた。

 苦悩の始まりは2年前、2年に1度開催される欧州選抜vs米国選抜のチーム対抗戦、ライダーカップのメンバーに選出されなかったときだった。わずかなポイント差でランキングによる出場資格を逃すと、キャプテン推薦においても、そのときのキャプテンを務めたデービス・ラブIII(アメリカ)が当時世界ランキング7位のワトソンではなく、直前に好調なプレーを続けていたライアン・ムーア(アメリカ)を選出。ここでまず、ワトソンは涙した。