2018.01.10

松山、トーマス、スピース。
「ヤングガン」が掲げた2018年の目標

  • text by Reiko Takekawa/PGA TOUR JAPAN
  • photo by PGA TOUR

WEEKLY TOUR REPORT
米ツアー・トピックス

 PGAツアーの2017-2018シーズンは昨年10月からすでに開幕しているが、新たな年を迎えて、選手たちもその気持ちを新たにする。

 年明け初戦となったのは、ハワイ州カパルアのプランテーションコースで開催されたセントリー・トーナメント・オブ・チャンピオンズ(1月4日~7日)。2017年に米ツアーで優勝を遂げた選手だけが出場できるエリート大会だ。そこでも、年末に短いオフを過ごしたトッププレーヤーが集結し、迎えたニューイヤーに向けて、それぞれが”目標”を掲げた。

2018年の目標を語った松山英樹 まずは、今大会で3度目の出場となった松山英樹(25歳)。12月に3週間のオフを日本で過ごし、「そんなに(日本を)楽しむほどゆっくりはできなかったけど、それでもいい休憩にはなりました。また1年の始まりだな、という感じです」と、リフレッシュされた表情を見せた。

 そして松山は、こう目標は掲げた。

「今年の目標は”無”です」

 つまり”無心”でプレーし、戦っていくということだ。