2016.10.14

常識を覆す女子高生ゴルファー・
畑岡奈紗は「世界で戦える器」か

  • 三田村昌鳳●文 text by Mitamura Shoho
  • photo by Getty Images

 今季女子ツアーのメジャー第3弾、日本女子オープン(9月29日~10月2日/栃木県・烏山城CC)を制したのは、アマチュアの畑岡奈紗(17歳/ルネサンス高3年)だった。アマチュア選手がこの大会で優勝したのは、もちろん史上初。しかも、17歳263日での戴冠は史上最年少(これまでの記録は2005年大会に優勝した宮里藍の20歳105日)と、まさしく記録ずくめの快挙だった。

史上最年少で日本女子オープンを制した畑岡奈紗 その歴史的な出来事から8日後の10月10日、畑岡はプロ転向を表明した。すでに畑岡は、米女子ツアーのQT(予選会)のファーストラウンドを通過している。そのため、プロ転向を発表すると、すぐに渡米。米女子ツアーのセカンド、そしてサードQT(※予選会はサードが最終)に挑む。もし通過すれば、来季からは早くも「米女子ツアーに挑戦する」と、意欲満々だ。

 中学校時代から、日本を代表するプロゴルファー・中嶋常幸(61歳)のゴルフアカデミーに入門した畑岡。尊敬する人も、中嶋だという。

 そんな彼女の凄さについて、師匠の中嶋は次のように語って絶賛した。

「悪いところを探すのが大変。それでも、『(ボールが)曲がる』って文句を言うほど、貪欲な選手。日本女子オープンでは、最終日の13番辺りから(勝てる)雰囲気が出てきていた。あの集中力は、凄いよね。それに、目標が高い。あの最終ホールでバーディーを獲るって、何か”持っている”としか言いようがない」