2016.08.06

【内藤雄士ゴルフレッスン】
ダフリやトップは首の角度で矯正を

  • 出島正登●取材・文 text by Ideshima Masato  中山雅文●撮影 photo by Nakayama Masafumi

白石あさえの目指せコースデビュー! 連載●第19回 
〜カリスマコーチ内藤雄士がビギナーのために特別レッスン〜
ユーティリティでも正しいアドレスを徹底

内藤雄士コーチ:以下内藤 前回までのレッスンでユーティリティとドライバーのスイングは基本的に同じで、異なるのはボール位置だと説明してきました。

白石あさえ:以下白石 はい。そのために正しい位置にボールを置くことが大切なんですよね。

内藤 そうです。でも、正しいボール位置で実際に白石さんに打ってもらいましたが、ドライバーと比べると、きっちり芯でヒットする確率は悪くなってしまいました。その原因は前傾角度がキープできていないことにあります。地面にあるボールに対して、当てたい気持ちが強いと頭が下がり過ぎてしまう。逆に地面を叩くのを怖がると上体が起き上がってしまう。これがダフリ、トップの原因になります。

白石 ダフったり、トップが出ないようにするにはどうすればいいんですか?

内藤 首に注目してください。アドレスの基本のレッスンを行なった時に、胸を張って、股関節から前傾させる方法をお教えしました。ドライバーではこれができてきても、地面のボールを打つショットになると首が前に傾く傾向があるんです。背中にクラブなど長い棒を当てて、頭の後頭部が触るように構えてください。