2016.06.03

地元優勝を遂げたスピース。「マスターズの悪夢」は払拭できたか

  • text by Reiko Takekawa/PGA TOUR JAPAN
  • photo by PGA TOUR

WEEKLY TOUR REPORT
米ツアー・トピックス

 ジョーダン・スピース(22歳/アメリカ)が、ディーン&デルーカ招待(5月26日~29日/テキサス州)で今季2勝目を挙げた。

 これで、2週前のザ・プレーヤーズ選手権で優勝した世界ランキング1位のジェイソン・デイ(28歳/オーストラリア)と、1週前の欧州ツアー、アイリッシュオープンで地元優勝を遂げた同3位のロリー・マキロイ(27歳/北アイルランド)に続き、"ビッグ3"それぞれが勝利を飾って上り調子であることをアピール。これから行なわれるビッグトーナメント、全米オープン(6月16日~19日/ペンシルベニア州)や全英オープン(7月14日~17日/スコットランド)、さらにはリオデジャネイロ五輪(8月11日~14日/ブラジル)などが、ますます楽しみになってきた。

 とりわけ、スピースは4月のマスターズにおける"悪夢"から復活。その苦しみから解放されて、スピース自身、安堵の表情を浮かべて喜びを噛みしめた。

「この勝利は、僕の選手人生の中でもすごく重要なものになると思う」

地元テキサス州の試合で今季2勝目を飾ったスピース 地元テキサス州で手にした初めての優勝。しかし、その栄冠を獲得するのは決して簡単なことではなかった。

 同州のダラスで生まれたスピース。今大会が行なわれたコロニアルCCは、そこから車で1時間もかからないフォートワースにある。故郷の"隣町"と言えるようなところで、ギャラリーはスピース一色に染まっていたのだろう、と日本のファンなら想像するに違いない。しかも前週、まさしく地元・ダラスで開催されたAT&Tバイロン・ネルソン選手権で、勝つチャンスがありながら最終日に自滅。勝利を逃したばかりゆえ、なおさら声援は大きかったと思うのではないだろうか。