2016.05.11

「腰痛は大丈夫」。美女ゴルファー香妻琴乃、初優勝は見えている

  • 金明昱●文 text by Kim Myung-Wook
  • photo by Getty Images

「あぁ~、惜しいッ!」「もったいない」「どうしたんだろう……」

 歓声がこだまする女子ツアーのトーナメント会場。その片隅で、ギャラリーのため息がたびたび漏れてくるのは、香妻琴乃(24歳)の組からだった。

昨季とは違って「いい準備ができた」と言う香妻琴乃 一昨年のシーズン、賞金ランク19位となって一気にブレイクした香妻。昨季はシーズン序盤から腰痛に泣かされて、シード権(賞金ランク48位)を何とか確保するのが精一杯だった。

 迎えた今季、昨季からの巻き返しが期待されたが、ここまでの香妻は好調なのか、不調なのか、波のあるプレーが続いている。

 開幕戦のダイキンオーキッドレディスでは10位タイと、目標とするツアー初優勝に向けてまずまずのスタートを切った。しかし2戦目のヨコハマタイヤ PRGRレディスカップでは予選落ち。続くTポイントレディスでは22位タイと奮闘するも、4戦目のアクサレディスでは再び予選落ちを喫した。そしてその後、ヤマハレディースでは決していい状態とは言えない中で36位タイと踏ん張ったものの、以降は3試合連続予選落ちという憂き目にあっている。

 そうした状態にあっても、香妻の人気は根強い。日本ツアーきっての”美女ゴルファー”ということもあるが、小柄ながらアグレッシブかつパワフルなゴルフを披露する彼女に魅了され、常に多くのギャラリーがついて回る。

 香妻のファンが期待するのは、もちろん一昨年のような快進撃である。ゆえに、今ひとつリズムに乗り切れない香妻のプレーを目の当たりして、思わず嘆息を漏らしてしまう。

 香妻は今、いったいどんな状態にあるのか。