2016.03.17

マスターズにも影響? J・スピースがファンと「SNSバトル」

  • text by PGA TOUR JAPAN
  • photo by PGA TOUR

WEEKLY TOUR REPORT
米ツアー・トピックス

 米ツアーの今季メジャー初戦、マスターズ(4月7日~10日/ジョージア州)を3週間後に控え、ディフェンディングチャンピオンで世界ランキング1位のジョーダン・スピース(22歳/アメリカ)の周囲がちょっと騒がしい。

 はたして、マスターズには万全な状態で臨めるのか? スピース自身と、彼を取り巻く状況が気になるところだ。

礼儀正しく、ファンとの交流も大事にするスピースだが...... そもそも発端は、先週のバルスパー選手権(3月10日~13日/フロリダ州)でのことだ。大会連覇を狙うスピースは、初日に「76」と振るわず、5オーバーと出遅れてしまった。そしてその日の午後、インスタグラムやツイッターなどのSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)で、日頃からファンに向けて情報を発信しているスピースは、「退屈だったから」という理由で、何となくファンからの書き込みを読んでしまったという。

「パットが入らないスピースのプレーはゴミだ」
「彼はもう終わった」

 散々な結果に終わった日、スピースの憤りはさらに増したことだろう。だが、そうしたコメントに対して、「全然、事実と違う。ちゃんと調べてから言え!」などと、スピース本人が反応してしまったことが大きな間違いだった。

 SNSは選手が直接ファンに語ることができるし、相互の意見を交換することもできる。その多くのコメントはポジティブで選手をサポートするものだが、中には中傷や悪ふざけが過ぎるものもある。

 結果、スピースとファンとの”バトル”は、一時騒然となった。その間、それらのやり取りをツイッター上で見ていたロリー・マキロイ(26歳/北アイルランド)が、「ジョーダンはタイガー・ウッズじゃないし、スランプじゃない。22歳でメジャー2勝の選手だ」と、スピースを擁護する書き込みをするまでに至った。