2016.03.16

宮里藍、完全復活へ。「昨秋、ふと気づいたことがあったんです」

  • 武川玲子●文 text by Takekawa Reiko
  • photo by Getty Images

 米女子ツアー今季6戦目となるファウンダーズカップ(3月17日~20日/アリゾナ州)が現地3月17日に開幕する。

およそ4年ぶりのツアー優勝が期待される宮里藍 アジアシリーズが終了し、アメリカ本土に戻ってきた米女子ツアー。今季で本格参戦11年目を迎える宮里藍は、「今年こそ、勝ちたい」と4年ぶりのツアー優勝を目標に掲げ、復活を誓う。

 昨季の宮里は、賞金ランキング77位。ツアー終盤に粘りを見せて、賞金ランク80位以内までの選手が得られる今季のシード権を土壇場で獲得した。昨年はそのシード権を逃して(一昨年、賞金ランク86位)、2012年に挙げた「1シーズン2勝」という資格でツアーに参戦していた。だが、その資格も昨季まで。もし80位以内を再び逃していたら、最終予選会に回らなければいけなかっただけに、実力でシード権を得た意味は大きい。宮里自身の自信にもつながったはずだ。

 さて、宮里が最後にツアー優勝を飾ったのは、2012年6月のアーカンソー選手権(アーカンソン州)。以降、およそ4年という長い期間、勝ち星から遠ざかっている。その原因となったのは、宮里のゴルフを支えてきたパッティングの不調だ。ここまでの間も、試行錯誤を繰り返しながら、なかなか浮上のきっかけがつかめなかった。

 しかし今季、シーズン開幕を前にして、宮里の表情は明るかった。苦しい状況が続いていた昨年9月、メジャー最終戦のエビアン選手権(2015年9月10日~13日/フランス)で浮上のきっかけをつかんだからだという。