2016.03.04

【木村和久連載】「練習場シングル」だって、立派なゴルファーです

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第44回

 多くのアマチュアゴルファーは、シングルさん、すなわちハンデキャップ「9.9」以下にはなかなかなれません。私も、メンバーとなった鶴舞カントリー倶楽部(千葉県)のオフィシャルハンデは、「12」が最高でした。

 クラブでシングルになるには、平均スコアもさることながら、月例などの競技で優勝、もしくは準優勝ぐらいしないと、ハンデ「12」から「11」へ上がれないのが通例です。そうなると、ハンデ「10」から「9」へは、月例で2連続優勝するぐらいの勢いがないと上がれません。まるで大相撲の、横綱昇進ぐらいの厳しさと言えます。

 そんなわけで、シングルプレーヤーになれない方は、せめて”練習場シングル”になりましょう。

「練習場シングル」と言うと、「練習場じゃあ、常にナイスショット連発なのに、いざコースに出ると叩いてばかりいる人」を指して、あまりポジティブな使われ方はされてきませんでした。でも、ゴルフを始めたばかりの方は、練習場シングル未満の方もいるわけで、まずは練習場でうまくなることをオススメします。

 練習場シングルの目安ですが、練習場で10回ボールを打ったら、8~9回はいいボールが飛んでいく状態でしょうか。何回打っても真っ直ぐにしか飛ばない、もうやることがないくらいショットが安定して初めて、「練習場シングル」と言えます。

 練習場シングルになるコツは何か?

 それは、得意クラブを集中的に練習することです。7番アイアンだけは曲がらない、それで結構。長いのと、真ん中と、あと短いのと、得意クラブを3本作れば、そこそこラウンドできますし。