2016.03.01

2016年、女子ゴルフ界のニューヒロイン候補・森美穂の「素顔」

  • 水野光博●取材・文 text by Mizuno Mitsuhiro
  • スエイシナオヨシ●撮影 photo by Sueishi Naoyoshi

森美穂インタビュー(後編)

プロゴルファー・森美穂(23歳)。いよいよ始まる新シーズンに向けて何を思うのか? 意気込みと目標は? さらに、その素顔に迫った――。

前編はこちら>

まもなく開幕する2016年シーズンでツアー本格参戦を果たす森美穂◆今季の目標はシード権獲得

――女子ツアーは、まもなく2016年シーズンが開幕します。昨年のQT()44位という結果を受けて、森美穂プロにとっては初のツアー本格参戦となりますが、現在の心境はいかがですか。
※クォリファイングトーナメント。ファースト、セカンド、サード、ファイナルという順に行なわれる、ツアーの出場資格を得るためのトーナメント。ファイナルQTで40位前後の成績を収めれば、翌年ツアーの大半は出場できる。

「いよいよ始まるなって。すごく楽しみです。フル参戦というか、ツアーの大半に出場できるのは今年が初めてなので、起こることすべてが初めてのこと。不安な部分はもちろんありますけど、ワクワクしていますね」

――プロテストに受かるまでの苦労と苦悩を思えば、どんな苦境が訪れても乗り越えられるのではないでしょうか。

「いえ、これまでより、これからのほうが大変だと思っています。今までは、プロになれるか、なれないかの戦いだったのが、これからは、よりシビアに結果を求められますから。きっと、すごく大変な道のりだと思います。

 第一、私はまだまだ成長しなければいけない。”まだまだ”というか”まだまだまだ”ぐらい。そのために、やらなければいけないことばかりなので。目先の結果だけにとらわれることなく、長い目で取り組んでいこうと思っています。これからは、イ・ボミ選手やテレサ・ルー選手のような、すごい選手たちと戦っていかなくちゃいけないんだって考えると、怯(ひる)みそうになりますし、いきなり互角に戦えるとも思えませんし。

 でも、段階を踏んで、自分のペースで、しっかり一歩ずつ歩み続けていけば、いつか互角に戦える日が来るって信じています。焦らず、浮つかず、地に足をつけて、遠くをしっかり見つめ、やっていこうと思っています」