2015.11.12

【木村和久連載】20代美女と同伴!? 今「ひとりゴルフ」が熱い

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第29回

 たまに、ひとりゴルフはいかがですか? というお話です。

 当然、苦手な方もいるでしょう。ゴルフって「友だちと和気あいあい、夕べのキャバクラの話でもしながらラウンドするから楽しいんだろう」って、そう思って当然です。昔の私もそうでした。

 そこで、まずは私が”ひとりラウンド”ができるようになるまでの話を少々。

 20年ぐらい前、南総カントリークラブ(千葉県)のメンバーになったときは、常に友だちとのラウンドを予約して、ゴルフをしていました。それでも、ハンデを申請して、そろそろ月例()にでも出ようかってときに、クラブの経営危機説が流れて、結局会員権は売却しました。
※ゴルフ場の会員メンバーが参加する、毎月定期的に行なわれている競技会。

 次に入会したのが、鶴舞カントリー倶楽部(千葉県)でした。鶴舞CCでもハンデを取得して、様子を見ていたのが、1年くらいでしょうか。あそこはコースが難しいし、プレー料金も高めだったので、友だちはあまり一緒にラウンドしてくれませんでした。

 じゃあ、「月例にでも出てみよう」と意を決し、実際に臨みました。それが”ひとりゴルフ”の初体験でした。

 当時の鶴舞CCは、月例の予約は一切なし。朝7時の開場とともに、名前を書く方式でした。参加するメンバーの方々はみんな、朝6時過ぎには集まってきて、クラブハウスの入口に並んでいました。「これが、名門クラブの月例の申し込みなの? パブリックの河川敷コースと変わらないじゃん」って思いましたね。もちろん、今はちゃんと予約制ですから、念のため。