2015.09.29

松山英樹が米ツアーを総括「最後に優勝への手応えが得られた」

  • 武川玲子●協力 cooperation by Takekawa Reikotext by Sportiva
  • photo by Getty Images

 米ツアーの2014-2015年シーズン最終戦となるツアー選手権(9月24日~27日)が、ジョージア州のイーストレークGC(パー70)で開催された。

今季最終戦のツアー選手権を12位タイで終えた松山英樹。 フェデックスポイント(米ツアーの各試合の順位によって与えられるポイント)上位30名()だけで争われる”年間王者決定戦”。頂点に立ったのは、通算9アンダーのジョーダン・スピース(22歳/アメリカ)だった。今季、マスターズ、全米オープンとメジャー大会を2連勝するなど大躍進を遂げた若き新鋭が、シーズン最後のビッグタイトルも獲得。同時に年間王者(フェデックスカップ王者)にも輝くと、ボーナス賞金1000万ドル(約12億円)を手にし、世界ランキングも1位に返り咲いて、名実ともに現代の世界ゴルフ界の”顔”となった。
※今年のツアー選手権は、ジム・フューリック(45歳/アメリカ)が負傷で欠場し、ルイ・ウェストヘーゼン(32歳/南アフリカ)が大会初日に棄権して28名で行なわれた。

 一方、昨季に続いて、今季もこの最終戦まで駒を進めた注目の松山英樹(23歳)は、通算イーブンパーで12位タイに終わった。

 初日は、5バーディー、4ボギーの「69」。1アンダー、11位タイとまずまずのスタートを切った。

「自分の(ゴルフの)内容には納得がいっていませんが、バーディーチャンスを多く作ることができて、それを決めることができたので、いいラウンドだったと思います。ただ、ショットやパットは、良かったり、悪かったりの繰り返し。すべてにおいて、半信半疑で打っている部分がある。ショットも、パットも、アプローチも、しっかりと自信を持って打てるようにしていきたい。それができれば、スコアもついてくると思う」