2015.04.28

【木村和久連載】ゴルフはスポーツ? それともレジャー?

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第1回

 今回から、ゴルフをより身近な存在として楽しむための、連載コラムを始めさせていただきます。

 まずは基本から。ゴルフは”スポーツ”なのか、”レジャー”なのか、という話をしたいと思います。

 もちろん、「そんなことを言っても、ゴルフはオリンピックの正式競技だから”スポーツ”ですよね?」と言われたら、確かに、と言うしかありません。

 でもそれは、トップレベルの話。ここで述べるのは、アベレージアマチュアが、月イチにやるゴルフのお話です。

アマチュアなのに、やたらルールやマナーに厳しい人っていますよね...。 最初に、ゴルフが「これでスポーツなの?」という部分を抽出しましょう。

 昔はプロも、試合中にタバコを吸っていました。それは、スポンサーがタバコメーカーだったこともあり、実におおらかでした。今でもアマチュアは、プレイ中、タバコを吸う人がいます。風向きを調べるのには、都合がよかったりするんですよね。

 さらに、お酒もあります。ゴルフ発祥の地、寒いスコットランドでは、ウイスキーを飲みながらプレイする人が結構います。そもそもハーフ(9ホール)を、行って、戻ってくる2時間ぐらいって、ウイスキーの携帯ケースを丁度飲み干す時間らしいですよ。

 それにまつわる話として、
「(ウイスキーを飲み干すのに)どれぐらいならいい按配で戻って来られる?」
「9ホールぐらいなら、いいんじゃないか」
「じゃ、それをハーフにしよう」って、もっともらしい都市伝説があるくらいです。