2015.03.24

【ゴルフ】イ・ボミに続く「美人刺客」キム・ハヌルの素顔

  • 金明昱●文 text by Kim Myung-Wook
  • photo by Getty Images

3月特集 アスリートの春 ~卒業、そして新天地へ~(5)

 今季から日本女子ツアーに参戦している、ひとりの韓国人プロゴルファーに今、熱い視線が注がれている。

 キム・ハヌル(26歳)――。

 彼女が日本で注目される理由は、ふたつある。ひとつは、2011年、2012年と韓国女子ツアーの賞金女王に輝いた実力の持ち主であること。もうひとつは、容姿端麗の"美人ゴルファー"だからだ。ちなみに「ハヌル」という言葉は、日本語に訳すと「空」という意味で、その名を聞くと、韓国では"スカイブルー"のイメージが頭に広がる。実際に、キム・ハヌルがプレイ中に見せる笑顔はすがすがしく、韓国ツアーでは「スマイル・クイーン」という愛称がつけられていた。

今季から日本ツアーに参戦しているキム・ハヌル。 その実力と美貌で、韓国女子ツアーでも絶大な人気を誇っていたキム・ハヌル。そのまま韓国でプレイしていれば、何ら苦労することなく、安定した地位を築けていたはずである。にもかかわらず、彼女は日本行きを決断した。26歳という年齢を考えると、やや遅い海外挑戦となるが、迷いはなかった。

「楽な道を選びたくなかったんです」

 日本行きの理由を問うと、彼女はそう語った。

「韓国ツアーだけでプレイしていると、少しずつ目標が薄れていくような気がしました。現状に満足するというか、安住してしまって、プロゴルファーとしての気概というものを失ってしまうのではないか、という思いもありました。それではいけないと思って、新しい挑戦をすれば、また新たな目標が生まれるのではないか、と考えたんです」