2015.03.10

マスターズまで1カ月。松山英樹「明るい兆しが見えてきた」

  • 武川玲子●協力 cooperation by Takekawa Reikotext by Sportiva
  • photo by Getty Images

ショット、パットとともに復調しつつある松山英樹。 4大メジャーに次ぐ規模で行なわれている世界選手権シリーズ(WGC=年間4大会)の第2戦、キャデラック選手権(3月5日~8日)がフロリダ州のドラルで開催された。世界ランキング1位のロリー・マキロイ(北アイルランド)や、5位のアダム・スコット(オーストラリア※大会後、世界ランキング4位に浮上)ら大物も顔をそろえる中、注目の松山英樹は、4日間通算2オーバー、23位タイに終わった。

 ほとんどのホールで大きな池が待ち構え、フェアウェーやグリーン周りのやっかいなところにバンカーが点在。そのうえ、グリーンは超高速。米ツアー屈指の難コースに、松山も初日から苦しめられた。10番スタートから、12番パー5でバーディーを奪って先行するも、14番で3パットのボギーを叩くと、そこから一気に6連続ボギー。4オーバー、59位タイと出遅れた。

「ゴルフの内容はそんなに悪くはなかった。ショットが曲がったことでボギーになった感じもしなかったし、パットが極端に悪かったわけでもなかった。自分でもよくわからないうちに、6コも(連続でボギーを)打ってしまった」

 難しい位置にピンが切られた2日目、3日目は、全体的にスコアが伸びなかった。結果、松山も両日とも「72」のイーブンパーでフィニッシュした。それでも、他の選手がスコアを落とした分、3日目を終えて、順位は40位タイまで上がった。