2014.11.24

松山英樹、優勝。スピースも認めた「世界レベル」の勝負強さ

  • 柳川悠二●文 text by Yanagawa Yuji

 約4カ月ぶりの日本ツアー参戦となった松山英樹(22歳)が、宮崎県のフェニックスCCで開催されたダンロップフェニックス(11月20日~23日)で優勝し、国内通算6勝目を飾った。

海外勢が強いダンロップフェニックスで日本人7人目の勝者となった松山英樹 17番のグリーンに立った松山は、トップの岩田寛(33歳)が通算15アンダーに伸ばして、通算13アンダーの自らと2打差開いたことをリーダーボードで確認した。2位に2打差をつけて単独首位(通算14アンダー)で最終日を迎えながら、松山はここまでにひとつスコアを落としていた。

「15番、16番でしょうもないボギーを打ってしまった。(17番は)絶対バーディーが必要な状況で、本当に大事なパッティングでした」

 最終18番が2オン可能なロングホールとはいえ、イーグルを奪える保証などない。優勝へ望みをつなぐ、バーディートライだった。下りのフックラインを読み切った松山は、約5mのパットを見事にねじ込み、小さなガッツポーズを繰り出した。同時に、会場には指笛が鳴り響き、この日一番の歓声が飛んだ。

「久々にイメージどおり打てたパッティングでした」

 続く18番パー5の第2打、さらに大きな歓声が沸き起こる。松山は、残り235ヤードを5番アイアンで渾身のショットを披露。グリーンのカラーながら、ピン奥およそ4mというイーグルチャンスにつけた。

「グリーン左のバンカーに入るか、入らないかのところ。(ボールが)なんとか踏ん張ってくれてよかった。(最後は逆転優勝を決められる)イーグルで終わったら『かっこいいな』とも思ったけど、そう簡単なパットではなかった。打ち過ぎると、傾斜にピンが切ってあるので、返しが難しくなる。プレーオフも想定してイーグルパットを打ちました」

 結局、イーグルは逃したものの、松山は難なくバーディーを奪った。勝負の行方は、通算15アンダーで並んだ岩田とのプレーオフにもつれた。