2014.11.07

【ゴルフ】選手たちが語る「アン・ソンジュの強さ」

  • 金明昱●文 text by Kim Myung-Wook
  • 小内慎司●撮影 photo by Kouchi Shinji

 2010年、2011年と、2年連続で賞金女王に輝いたアン・ソンジュ(27歳)。今季、3度目の賞金女王獲得へ、いよいよ独走態勢に入っている。

 10月には、スタンレーレディス(10月10日~12日/静岡県)、富士通レディース(10月17日~19日/千葉県)と2週連続優勝を飾って、今季5勝目をマーク。11月6日現在、獲得賞金は1億4841万4250円に上って、2位のイ・ボミ(1億1406万8166円)とは、およそ3000万円という大差をつけている。

「『賞金女王』のことを考えないと言えば、ウソになります。でも、なるべく考えないようにして、これからの試合に臨みたいですね」と語るアン・ソンジュ。その言葉どおり、残り試合も平常心を保ってプレイすることができれば、3度目の賞金女王は間違いなく手にすることができるだろう。

今季5勝を挙げて、圧倒的な強さを見せているアン・ソンジュ。 それにしても、このアン・ソンジュの強さには恐れ入る。

 なにしろ今季は、決して万全な状態ではなかったからだ。アン・ソンジュによれば「手首を痛めながらも、無理して出場した試合がいくつかあります」という。夏場には、その手首の痛みが悪化して、試合に出場することさえできない期間もあった。にもかかわらず、部門別ランキングでは、賞金ランクをはじめ、平均ストローク、パーセーブ率、リカバリー率が1位。平均パット数、平均バーディー数でも3位という高い数字を残して、今季ツアーで圧倒的な存在感を示している。

 彼女はなぜ、これほどの好成績を残せるのか。アン・ソンジュと激戦を繰り広げ、彼女の強さを目の当たりにしてきた選手たちに話を聞いてみた。