2014.08.12

松山英樹「マキロイにあって、自分にはないモノ」

  • 武川玲子●協力 cooperation by Takekawa Reikotext by Sportiva

 今季の海外メジャー第4弾、全米プロ選手権(8月7日~10日)がケンタッキー州のバルハラGC(パー71)で開催された。激戦を制して頂点に立ったのは、通算16アンダーでフィニッシュしたロリー・マキロイ(25歳)。メジャー第3弾の全英オープン(7月17日~20日/イングランド・リバプール)、前週のWGCブリヂストン招待(7月31日~8月3日/オハイオ州)に続いて、出場3大会連続優勝を飾るとともに、今季ふたつ目(通算4つ目)のメジャータイトルを手にした。

全米プロでは36位タイでフィニッシュした松山英樹。photo by Getty Images 一方、日本勢注目の松山英樹(22歳)は、通算3アンダー、36位タイに終わった。前週のブリヂストン招待で12位タイと奮闘。復調気配を見せて、今季最終メジャーでの躍進が期待されたが、上位争いに加わることはできなかった。

「ゴルフの状態が今ひとつ」という松山は、初日から苦しいラウンドを強いられた。一時、3アンダーまでスコアを伸ばしながら、後半に入ってショットが乱れて失速。イーブンパー、54位タイにとどまった。

「後半は、いいショットを打ってもミスになったりして、ちょっとずつプレイがかみ合わなくなっていった。でもまあ、今の(ゴルフの)状態を考えれば、よくパープレイで回れたな、という感じです」

 2日目は序盤で苦労した。1番スタートで、2番、3番と連続ボギーを叩くと、6番ではダブルボギー。通算4オーバーまでスコアを落として、予選落ちの危機に面した。それでも、残りふたホールで底力を発揮。17番パー4でバーディー、最終18番のパー5でイーグルを奪って、通算1オーバー、69位タイでぎりぎり決勝ラウンド進出を決めた。

「いいスイングができるように一生懸命やっていたんですけど、先週の残り2日間のようないい感触(ブリヂストン招待で3日目が「65」、4日目が「68」の好スコアを記録)はなかなか戻ってこなかった。スイング自体、ずっとバラバラで(予選突破を)諦めていたんですけど、17番で急にいいショットが打てた。何が原因なのかはわからないけど、そこでバーディーを奪って、最終ホールにうまくつなげられた。その前にもいいショットはたまに出ていたけど、『これでいいのかな』と思って打つと、今度はミスになって、そこでまたいろいろと考えたりしてしまった。今(の状態)を象徴するような一日でした」