2014.05.07

【ゴルフ】日本に順応。イ・ボミ、賞金女王への「本気度」

  • 金明昱●文 text by Kim Myung-Wook
  • 小内慎司●撮影 photo by Kouchi Shinji

 昨年12月、イ・ボミを応援する日本のファンクラブが主催する『イ・ボミプロを囲む会』が千葉県内のホテルで行なわれた。その際、壇上に上がって挨拶をしたイ・ボミは、最後にこう言って締めくくった。

「来シーズンは、賞金女王を目指します!」

韓国ツアーに続き、日本ツアーでも賞金女王を狙うイ・ボミ。 2010年に韓国女子ツアーで3勝し、賞金女王に輝いたイ・ボミ。鳴り物入りで日本女子ツアーに参戦したのは、2011年。韓国ツアーとの兼ね合いで14試合しか出場できなかったものの、賞金ランク40位となってシード権を獲得。その強さを証明した。

 そして、本格参戦を果たした2年目(2012年)からは、持ち前の実力を遺憾なく発揮。2戦目のヨコハマタイヤPRGRレディスで日本ツアー初優勝を飾ると、最終戦のメジャー大会、LPGAツアー選手権リコーカップまで制して賞金ランク2位に輝いた。3年目の昨年も、賞金ランクこそ7位に止まったものの、メジャー2勝目となる日本女子プロを制覇。年間2勝を飾って、シーズン途中まで女王争いに加わった。

 迎えた4年目の今年、イ・ボミはファンの前で公言したとおり、最大目標を賞金女王に定め、好スタートを切った。優勝こそないものの、4戦目のアクサレディス宮崎(3月28日~30日/宮崎県)で3位に入ると、KKT杯バンテリンレディス(4月18日~20日/熊本県)では今季最高位の2位でフィニッシュ。出場8試合でトップ10フィニッシュは計5回と、安定した成績を残して、賞金ランクトップを走っている(5月6日現在)。

 部門別データを見ても、今季の充実ぶりは明らかだ。平均ストローク1位、パーオン率3位、パーセーブ率(パーかそれより良いスコアを獲得する率)2位。ショットやアプローチの精度が高く、この数字をこのまま維持できれば、賞金女王獲得はかなり現実味を帯びてくる。