2013.06.29

【ゴルフ】全米女子オープン、
パットが冴える宮里藍にチャンスは残された

  • テレビ朝日 全米女子オープン取材班●構成 text by tv asahi US Women's Open crew
  • photo by Getty Images

 ニューヨーク州のセボナックGCで開催されている、第68回全米女子オープン。2日目は、途中濃霧のために中断すると、そのままサスペンデッド。第2ラウンドの残りは、翌日に持ち越された。そんな中、注目の宮里藍は、通算2オーバーの暫定23位タイで2日目を終えた。

2日目、強い風が吹く中でもスコアを伸ばした宮里藍。
 今年は、大会前に初めてコースの下見を行なった宮里。悲願のメジャー制覇へ、かつてないほどの入念な準備を整えてきたが、10番スタートとなった初日は、苦しいラウンドとなる。

 宮里曰く、ポイントは前半最後の18番だったという。
「バーディーを計算していたホールだったが、ボギー。ここで流れが悪くなってしまった」

 以降、インに入った後半は、2番、3番でスコアを落とし、8番、9番のバーティーパットも外した。結局、トップと10打差の4オーバー、81位タイと出遅れた。

「思うようにパットが決まりませんでしたけど、自分の中では、そこまで悪いパットはなかった。ちょっとしたところの、かみ合わせの問題。本当にちょっとだけです。明日(2日目)以降も、とにかくグリーンがカギになると思う。そこでいい流れを作っていきたい」

 そう語って、2日目以降の巻き返しを誓った宮里。ラウンド後は、パッティング練習に時間を費やした。