斉藤光毅の代名詞「1対1の仕掛け」はオランダで進化 ケガ復帰後の課題は「高強度で90分間走りきる」

  • 了戒美子●取材・文 text by Ryokai Yoshiko

U-23日本代表・独占インタビュー
斉藤光毅(スパルタ・ロッテルダム/FW)前編

 5月中旬、スパルタ・ロッテルダムの練習場に斉藤光毅を訪ねた。あいにくこの日、斉藤は直近の試合で相手ディフェンスに削られて足首を痛めたことで、室内での別メニュー調整だった。

 斉藤不在の練習を少々、見学させてもらう。驚くことに選手やスタッフ、そして監督までもが練習前のちょっとした時間に次々と握手・挨拶に来てくれるフレンドリーさで迎えてくれた。

 さらに親切なスタッフが「そこに座っておけ」「なにか飲むか?」と世話も焼いてくれ、そのうち数人が「コウキは来季もここに残る」「どこにも行かせない」と冗談めかして宣言した。斉藤がこの夏に退団し、ステップアップすると噂されていることを前提にした軽口だった。

斉藤光毅にオランダ2年目を振り返ってもらった photo by Watanabe Koji斉藤光毅にオランダ2年目を振り返ってもらった photo by Watanabe Kojiこの記事に関連する写真を見る 2021年1月、19歳でベルギー2部のロンメルSKに加入した斉藤は、2022年夏にオランダ1部スパルタ・ロッテルダムにレンタル移籍でやってきた。1シーズン目は公式戦32試合出場で7ゴール5アシスト。2023-24シーズンはさらなる飛躍を誓って臨んだが、9月のフィテッセ戦でハムストリングを負傷し、今年1月まで離脱を余儀なくされた。

 それでも、左サイドからの仕掛けや裏への飛び出しはチームに欠かせない武器となり、復帰後のシーズン終盤はさながら「斉藤のチーム」のような存在感を見せた。22試合に出場して3得点5アシストと数字的には伸びなかったものの、ここに留めてはおけないと誰もが認める活躍ぶりだった。

 弱冠22歳ながら、すでにベルギーとオランダ、ヨーロッパ2カ国で合計3シーズン半を過ごした斉藤に、今季のこと、これからのこと、そして代表のことなどを話してもらった。

   ※   ※   ※   ※   ※

── 負傷離脱もありましたが、今季はどんなシーズンでしたか?

「前季で結果を残して迎えた新シーズン、という流れが初めてだったので、もうちょっと最初からバリバリ結果を残すイメージをしていたんですけど......。ケガをしてしまったので、最初のほとんどは"ケガのシーズン"という感じになってしまいました。

 でも、ケガが治ったあとはすぐ出られるようになったので、立場を崩さずにプレーできました。う〜ん、でも、なんか表現が難しいですね。もしかしたらステップアップできるかもしれない状況ですけど、数字的には課題も残りますし」

1 / 4

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る