遠藤航、久保建英、南野拓実...今季欧州サッカーで奮闘した日本人選手ベスト11を識者が選出

サッカーの中心地・欧州でプレーする日本人選手が年々増えているなかで、識者3人に今季の欧州日本人選手のベストイレブンを選出してもらった。各ポジションで活躍したのは誰だったか。

前編「識者が選んだ欧州サッカー今季のベストイレブン」>>

リバプールの遠藤航(左)とレアル・ソシエダの久保建英(右)。今季も欧州サッカーで奮闘する日本人選手の姿が見られた photo by Getty Imagesリバプールの遠藤航(左)とレアル・ソシエダの久保建英(右)。今季も欧州サッカーで奮闘する日本人選手の姿が見られた photo by Getty Imagesこの記事に関連する写真を見る

【欧州のあらゆるリーグで日本人選手が活躍】

中山 淳(サッカージャーナリスト)

この記事に関連する写真を見るFW/小川航基(NEC)、久保建英(レアル・ソシエダ)、堂安律(フライブルク) 
MF/南野拓実(モナコ)、遠藤航(リバプール)、守田英正(スポルティング)、伊東純也(スタッド・ランス) 
DF/伊藤洋輝(シュツットガルト)、板倉滉(ボルシアMG)、菅原由勢(AZ) 
GK/鈴木彩艶(シント=トロイデン)

 近年、日本人選手はヨーロッパのあらゆるリーグでプレーしているが、そのなかで今シーズンのベスト11を選出してみると、当然ながら日本代表選手が顔を揃えた。なお、布陣に選手を当てはめるのではなく、あくまでも選手の活躍を基準に配置したので、ここでは3-4-2-1を採用した。

 まず、前線の選手で最もゴール数を稼いだ、オランダのNECの小川は問答無用の選出。チームは惜しくもヨーロッパカップ出場権を逃したが、小川は加入初年度ながらリーグ戦で11ゴール、国内カップ戦でも4ゴールを記録。ヨーロッパ初挑戦で申し分のない成績を収めた。

 2シャドーに配置したのは、チームの主軸としてチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ突破にも貢献した久保と、シーズンを通して重要戦力としてハイパフォーマンスを維持した堂安のふたりだ。

 久保はシーズン終盤に疲労が見えたが、裏を返せば、開幕からフル稼働させなければならないほどの戦力だったということ。ヨーロッパリーグ(EL)にも出場した堂安も複数ポジションで躍動し、ブンデスリーガで7ゴール、ELでも2ゴールを記録し、チームの中心となった。

 両ワイドは、右に伊東、左に南野と、リーグ・アンから選出した。

 伊東は昨シーズンに続いて質の高いプレーを披露。ゴール数は昨シーズンより下回ったが、逆にアシストは昨シーズン以上の7を記録するなど、チャンスメイクの回数もリーグ屈指だった。一方の南野は昨シーズンの大不振からリベンジを果たし、9ゴール6アシストの活躍ぶり。チームのCL出場権獲得の立役者となった。

 ボランチは守田と遠藤。結果的に日本代表のコンビそのままとなったが、守田はスポルティング加入2年目でリーグ優勝に貢献。個人としても、チームの主力ボランチとして活躍した。遠藤はビッグクラブのボランチに定着し、リーグカップ優勝も経験。個人としての能力をさらに磨き、今シーズンのヨーロッパ日本人MVP級のパフォーマンスを披露した。

 最終ラインに選出したのは、伊藤、板倉、菅原の3人。菅原はAZで不動の右サイドバック(SB)としてシーズンを通して躍動したが、ここでは3バックの右に配置した。伊藤は今シーズンのブンデスリーガで台風の目となったシュツットガルトで左SB、センターバック(CB)、3バックの左など複数ポジションで活躍。

 板倉は、負傷とアジアカップで一時的に欠場した期間があったが、加入2年目のボルシアMGで不動のCBとして君臨。安定感も抜群で、今夏も移籍マーケットの人気銘柄だ。GKには、日本人で唯一、シーズンを通して正GKの座を守った鈴木彩艶を選出した。

 ほかにも、リーグやカテゴリーの枠を外せば、今シーズンもヨーロッパで活躍した日本人選手は多数いた。果たして来シーズンは誰がブレイクしてくれるのか、要注目だ。

1 / 3

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る